もともと名入れタオルは、販促を目的として、企業の名前が入れられたタオルでした。しかし最近では、個人が他の人へのプレゼントを贈る際に、贈る相手の名前を入れる場合もあります。企業に関しては、ノベルティとして配る場合や粗品として配る場合に、名前が入っているか入っていないかは、大きな違いです。同じタオルを配るのでも、名入れタオルでなければ、誰から頂いたものなのか、印象も薄くなってしまいます。名入れタオルを作る手順としては、まずタオル生地を選びます。国産物や輸入もの、厚手、薄手など、様々なタオルの中から選んでいきます。名前の入れ方ですが、企業の販促で使われる場合は、企業名などのプリントの手法が多く用いられますが、個人宛のプレゼントの場合は、刺繍にするとより特別感が出ます。

名入れタオルの種類や使われる目的

名入れタオルは、企業が販促のために顧客に配る目的で作られることが多いです。名入れタオルに入れられる文字は、企業の名前のことが多いですが、もし、ロゴがあるならロゴも一緒に入れることをおすすめします。文字だけよりもインパクトがあり、さらに宣伝効果もより期待出来ます。実際の企業名よりも、ロゴの方が人々の印象に残っている場合がある為、より会社をアピールすることに貢献します。また、名入れタオルは、企業だけでなく、個人や団体が作ることがあります。例えば、結婚祝いや出産祝いなどのお祝い事に用いられることもありますし、サークルやクラスなどの行事に向けて、団結を高めるためにクラス全員分を一度に作る場合もあります。同じタオルをみんなで持つことで、サークルやクラスの仲間意識を高めることができます。

名入れタオルは贈る方にも贈られる方にもメリットあり

名入れタオルは、企業が使う場合は、より宣伝効果を高めることができます。ただのタオルを配るよりも、名前が入っていることで、誰からもらったのかというのが分かります。タオルは必需品なので、数があっても困ることはありません。そういう意味では、使える粗品としては、かなり人気です。名入れタオルを注文すると、のし袋も一緒に付けてくれます。そのまま配るよりも、のし袋に入れてあると、特別感があります。名入れタオルは、沢山注文すれば1枚当たりの単価は安くなります。最近では、様々なニーズに応えるために、1枚からの注文も受け付けてくれるところが増えています。さらに、大ロットばかりでなく、小ロットの注文が出来る業者も増えているなど、業者の対応も柔軟性のあるものになっています。

お祝いに、記念日に、様々なシーンで活躍するタオル製作は、長年のノウハウを蓄積した実績ある専門店に是非お任せください。 色落ちが心配な方には防染タオルが長持ちするのでおすすめ。 イベントや記念品に、誰からも喜ばれるタオルはいかがでしょうか。 学校のイベントにクラスでタオルを作りましょう。 大阪泉州の国産タオルに拘った、名入れタオルの専門店。 当社で作ったチームタオルは一体感が生まれると評判です。 小ロットから頼める名入れタオルはウィングタオル